Category: 展覧会・イベント

『写真に何ができるか』出版記念写真展が開催されます。

写真展用画像『写真に何ができるか』出版記念写真展 会場 インスタイル・フォトグラフィ・センター 東京都港区南麻布5-2-9 東京メトロ日比谷線 広尾駅下車 3番出口徒歩7分 2014年5月14日(水)~5月25日(日) 1:00PM~6:00PM/入場無料/月・火休館 2014年4月、新進気鋭の写真家七名による『写真に何ができるか――思考する七人の眼』が窓社から刊行されました。写真をアート作品として提示する場合、写真家が何を伝えたいかを自ら語ることが必要不可欠です。同書は、それぞれ異なる主題をもつ写真家たちが、作品とテキストによって自からのメッセージを世の中に発信することをめざしたヴィジュアル・メッセージ本です。本展は、同書の刊行を記念して6名の写真家のオリジナルプリントを見ていただき、同時に写真家と直接対話していただきながら、作品理解をより深めてもらう機会にしていただければと願って開催するものです。また、下記の日時で写真家を迎えてのギャラリートークも開催します。お誘い合わせのうえご来場いただければ幸いです。なお、会場で書籍もプリントもお買い求めいただけます。 【ギャラリートーク】 5月17日(土) PM2:00~ 芦谷淳 & 福川芳郎 PM:300~ 三善チヒロ & 福川芳郎 5月18日(日) PM2:00~ 幸田大地 & 福川芳郎 PM:300~ にのみやさをり & 福川芳郎   お問い合わせ 「写真に何ができるか」展 実行委員会 プリッツ内 TEL03-3714-0552

東京・新宿コニカミノルタプラザにて4月23日~5月2日開催されています。詳しくはhttp://konicaminolta.jp/plaza/でご確認ください。

高橋智史写真展「トンレサップ~湖上の命」が開催されています。

とにかくプリントが素晴らしいです!詳細はhttp://www.nikon-image.com/support/showroom/shinjuku/でご覧ください。

平林達也写真展がニコンサロン(新宿)て開催されています。

12月15日~26日 コニカミノルタプラザギャラリーc(新宿)にて

百瀬俊哉写真展『Land’s End North×South』が開催されます

タテ300㎜×ヨコ300㎜ 56頁 定価2800円+税

木村肇写真集『谺 KODAMA』が発売になりました。

写真集『『谺 KODAMA』』の出版を記念して木村肇さんと写真集『忘却』を小社より出版した幸田大地さんとのトークイベントが10月28日(日)に開催されます。詳細は下記をご覧ください。

セイリ―育緒写真展が開催されます

3月19日(月)午後6時~8時 インスタイル・フォトグラフィー・センターでレセプションを開きます。ウイスキーと簡単なおつまみを供します。無料です。 3月20日(火)午後2時~セイリ―育緒さんと儀ゃリストの福川芳郎さんのトークイベントが開催されます。

幸田大地写真展が開催されています

福島在住の渡部俊哉さん(3月3日~11日)、幸田大地さん(3月12日~21日)、ジェイムズ・ウイットロー・デラノさん(3月22日~31日)までシリーズで原宿の特設ギャラリーにて開催されています。3月24日は、ジェイムズさんのトークイベントが行われます。

大沼英樹写真展 全国で開催されます

【大沼英樹写真展】 スケジュール 『それでも咲いていた千年桜』 福岡IMS[イムズ]  3月1日~3月14日 『それでも咲いていた千年桜』 宮城・藤崎百貨店仙台店/気仙沼店/石巻店 3月9日~3月13日 『お伽噺桜』 東京・新宿 シリウス ギャラリー 3月22日~3月28日 『幸せの樹の下で』 福島 福島市写真美術館 福島テルサ4階ギャラリー 4月21日~5月6日

細江英公写真展が1月~4月まで長期連続で開催されます

『our face』の北野謙さんの写真展とトークイベントが開催されます。

北野謙写真展 our face project:Asia 2011. Nov. 26. Sat – 2012. Jan. 29. Sun. close on Mondays, Dec.26~Ja.6 対談:加藤薫氏×北野謙氏 2011年12月16日(金) 18:30- 会場:MEM  → map (参加無料) 『メキシコ壁画運動』(平凡社)などの著者で、11月に『ディエゴリベラの生涯と壁画』(岩波書店)を出版された加藤薫氏(神奈川大学教授/美術評論家)を迎え、北野謙氏がour faceを制作するきっかけとなったメキシコ美術について対談されます。 MEM 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F Tel. 03-6459-3205 http://mem-inc.jp/ 対談:加藤薫氏(神奈川大学教授/美術評論家)×北野謙 2011年12月16日(金) 18:30- 会場:MEM → map (…

にのみやさをり写真展が開催されます。

10月18日に小社より『声を聴かせて~性犯罪被害と共に、』を刊行いたしました、 写真家にのみやさをりの写真展が開催されます。 「あの場所からⅴ」 2011年10月25日(火)~11月28日(月) 「墓 標 街」   2011年11月29日(火)~12月30日(金) 会場: 書簡集 東京都国立市中2-3-7 営業時間 11:00~24:00 定休日:第三水曜日 詳細は以下をご覧ください。

『福島辰夫写真評論集」関連の連続講座がMEMで開催

福島辰夫写真評論集をテキストに、現役の批評家による連続講座が開催されます ▶日程 【第1回】2011年10月23日(日)16:00-17:30 講師:光田ゆり氏 (美術評論家) ■テーマ「破綻と彷徨」:1930年代の写真作家たち 【第2回】2011年11月20日(日)18:00-19:30 講師:日高優氏 (写真批評家) ■テーマ リアリズムから現代写真へ 【第3回】2011年12月3日(土)18:30-20:00  講師:光田ゆり氏 (美術評論家) ■テーマ「現代写真」と「現代美術」の発生と展開:瑛九 デモクラート 福島辰夫 【第4回】2011年12月11日(日)18:00-19:30 講師:日高優氏 (写真批評家) ■テーマ「10人の眼」・VIVOの作家たち ▶テキスト:「福島辰夫写真評論集」第1~3巻 ※会場販売有り ▶参加費:1,000円/回 ▶申込締切:受講講座の前日、20:00締切必着 ※複数、単数講座の申し込み可能 ▶申込方法:メールまたは、FAXで ご希望の講座回、参加日、申込者の郵便番号、住所、氏名、メールアドレス(FAXの場合はFAX番号)をご記入の上、下記の申込先までお送り下さい。 申込先:MEM(担当:高橋) Mail:takahashi@mem-inc.jp Fax:03-6425-9482 ▶問い合わせ先 会場:MEM 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff…

『福島辰夫写真評論集』第1巻・第2巻が刊行開始!

日本図書館選定図書 福島辰夫写真評論集を記念してトークイベントを開催します。

細江英公写真絵巻「ガウディの宇宙」展が開催されます。

東京工芸大学4/7~5/29 4/9ギャラリートーク(14:00-16:00)

大沼英樹写真展が開催されます。

この写真展は地震のために10月に延期されました。正確な日程は改め告知させていただきます。

細江英公写真展が開催されます。

松村明写真展が開催されます。

『クメール』武田孝巳写真展が開催されます。

武田孝巳写真展「クメール」が開催されます。 武田孝巳写真展『クメール』 2010 8/3(火) -10(火) 12:00-19:00(会期中無休) 開催ギャラリー UP FIELD GALLERY 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-5 第三原島ビル304 TEL.FAX 03-3265-0320 e-mail:office@upfield-gallery.jp http://www.upfield-gallery.jp ・JR水道橋駅・西口・左出口・徒歩3分 ・地下鉄・半蔵門線・九段駅・出口5・徒歩10分

細江英公人間写真展 土方巽舞踏大鑑

細江英公人間写真展「土方巽舞踏大鑑」が開催されます。 ゆらぎながら ゆらぎながら 土方巽は光の中へ 解放されてゆく 人間写真家 細江英公の眼は 彼のいない舞台にさえ 粒子と化した その姿を定着した             石井仁志(写真評論、メディアプロデューサー) ■期間 2010年6月1日(火)~13日(日) 12:00~19:00 最終日~16:00 ■場所 160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F 247photography「Roonee」 tel/fax 03-3341-8118 mail/mosimosi@roonee.com HP/http://www.roonee.com ■関連行事 細江英公 写真絵巻ビューイング 6月4日(金)14:00~20:00(予定) 四谷ひろば コミュニティルーム4 詳しくはル―ニィへお問い合わせ下さい。

プロジェクト『若い世代に語り継ぐ戦争の記憶』

安島太佳由写真展 『時代瞑り~太平洋戦争激戦の島々』 戦争のはかなさ、むなしさ、おろかさを、描き出す写真群 かつての戦場跡を訪ね歩いた安島太佳由渾身の写真展 ■日時:2010年4月14日(水)~4月27日(火) 午前10時~午後7時(最終日は4時) 会期中無休・入場無料 ■会場:銀座ニコンサロン ニコンプラザ銀座内 中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F 電話03-5537-1469 東京メトロ「銀座駅」 徒歩5分

細江英公写真絵巻「死の灰」

奉納 春の宵 ポンペイ、アウシュビッツ、ヒロシマ、ナガサキの死者の霊に捧げる 細江英公写真絵巻「死の灰」 ■場所=池上實相寺 ■期間=4月8日(木)→4月11日(日) ■開催時間=14:00~18:00(最終日は17:00まで) ■観賞料=1,000円 ○4月9日(金) 19:00~ 奉納:「死の灰」を舞う……大野慶人、和栗由紀夫 「死の灰」を詠う……白石かずこ 声明……實相寺住職・酒井智章 ■イベント参加費=2,000円(展覧会・観賞料含む) 20:00~ 関係者を囲んでのパーティー ■参加費=2,000円 ○4月11日(日) 15:00~ ギャラリートーク 会場:東京都大田区池上實相寺 書院 住所:大田区池上2-10-17 電話:03-3751-4056 URL:www.ikegamijissouji.jp ●東急池上線「池上駅」より徒歩15分 ●都営地下鉄浅草線「西馬込駅」より徒歩10分

大沼英樹写真集『お伽噺桜』出版記念写真展 「サイタ サイタ サクラ ガ サイタ」

大沼英樹写真集『お伽噺桜』の出版を記念して写真展  「サイタ サイタ サクラ ガ サイタ」が仙台市内5か所で開催されます。 「桜月」 晩翠画廊 022-713-6230 仙台市青葉国分町2-3-13セイトウ社ビル2F 2.9(火)-2.14(日)11:00-18:00 桜と月が映っているロマンチックな夜桜を和紙にプリント。約17点を展示。 「桜色」 丸善アエル店 022-264-0151 仙台市青葉区中央1-3-1 AERU1Fフロア 3.1(月)-3.14(日)10:00-21:00 今回の写真集より母への感謝の想いをこめた作品から約8点展示。場所はエスカレーター脇の通路スペース。 「桜酔い」 ニッカ仙台工場 022-395-2865 仙台市青葉区ニッカ1 ゲストホール内 3.1(月)-3.23(火)9:00-16:30 今回の写真集より土の臭いがする作品を約20点展示 「桜風」 ギャラリーアートキューブ 022-222-2660 仙台市青葉区中央2-11-13ユーメントビル3F 3.30(火)-4.4(日)11:00-19:00 落下満開の散りぎわの桜の中を旅する思いの作品。写真集からと桜のみのを和紙にプリント約17点。 「桜雨」 ギャラリーくろすろーど 022-265-1487 仙台市青葉区一番町1-4-26 SA RUMINAビル1F 5.26(水)-6.1(火)11:00-19:00 桜の季節が終わってからの開催。人物が入らない桜の花びらや一本桜をモノクロで和紙にプリント。約15点。

マーシープロジェクトのイベントが開催されます。

2/12開催決定 参加申し込みの受付を始めました! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Reminders Project主催 Reminders Showcase 「アジアと命、ビジュアル・ストーリーテリング」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※ 下記転送転載歓迎 電子フライヤーはhttp://bit.ly/Asia-Inochi2011からダウンロードして頂けます。 リマインダーズプロジェクトは写真を通して問題そのものと、その問題に取り組む写真家の存在を世界に紹介すること、また一個人として社会に貢献できることは何かを、写真を通した活動から見る側に問いかけることに力を入れています。 本企画はフォトジャーナリズム、社会派写真ドキュメンタリー、対象に深く入り込んで記録されたビジュアル・ストーリーテリングのなかで「アジア」と「命」をテーマに写真的活動、出版プロジェクトに関わる写真家、編集者とともに写真を見ながら、プロジェクト、 撮影にまつわる経験を共有することを趣旨として開催します。※当日は、英日、日英通訳がつきます。 伝えることだけに留まらない写真を主媒体とした表現の重要性を問い、参加者との双方向性のある「見る機会」を目指します。国際的な幅広い「写真に関する情報を共有する場」をつくることが主眼であり、「現場からの報告会」の様な要素は含まれません。 是非、この貴重な機会をお見逃しなく。 ◆—–<イベント概要> □ 会期: 2011年2月12日(土)15:00〜20:00 (14:30開場) (途中入退場可、休憩と歓談の時間を大幅に設けた時間設定になります) □ 場所:恵比寿ガーデンプレイス内 東京都写真美術館 1階創作室 □ 主催:リマインダーズプロジェクト □ 参加費:…